ワーゲンポロ ABSランプ点灯

 

ワーゲンポロをお乗りのお客様より

ランプがついてるので見てくださいとご依頼があり

 

お預かりしてまずはメーターのランプを確認しました

二つランプが点いていますね

 

いつものように診断機をつないで車にどこがおかしいの?

と聞いてみます

ABSのポンプの電源がおかしいって言ってます

下のリターンフローポンプもそれに絡んで表示してます

 

ABSのポンプが壊れるってあまり聞かないのでまずは

一番簡単なヒューズから点検していきます

バッテリーの上についてるヒューズのふたを開けたところ

良ーく見てみると右から3番目のヒューズに亀裂が入っています

ぱっと見ただけじゃちょっと気が付けない感じですね

軽くこじってみると切れていました

交換前に1枚パシャ

 

左が新品のヒューズ 右が外した切れてるヒューズです

 

交換してエンジンをかけ

車に残っている故障コードを消去して

試運転をしてABSも作動させてみて

メーターのランプがちゃんと消えているか

もう一度診断機をつないで故障コードが入っていないか確認してから

納車させていただきました

 

今回はヒューズが切れていただけで直ったので良かったのですが

頻繁に切れるようだとその先の故障も考えないといけないかもしれません

 

あれから数ヶ月 たっているので大丈夫だと思います

 

池田

アルファード 油膜落とし

 

アルファードをお乗りのお客様より

ご依頼の

フロントガラスに撥水コーティング

を施工前に

油膜落としをしたときの写真を

数枚紹介していこうかと思います

 

車の左に立って写真を撮ってるので

右に見えてる黒い部分は屋根になります

真ん中のガラスの部分を拡大します

霧吹きで水をかけると油膜がすごいですね

手でさわってもわかるぐらいでした

 

油膜落としを専用スポンジにつけ

軽く全体に塗り広げたところです

なかなかの油膜ですね(;^_^A

 

真夏の暑い日だったのもあり

濡らして塗り広げて写真を撮るまでに乾いてしまって

白くなっていますが

小範囲ずつ霧吹きで濡らしながら

なでなでしていきます

■ヾ(・ω・*)なでなで

乾燥させないように気を付けて濡らしながら

あまりごしごししないように

手の感覚と水弾きをみながら なでなでしていきます

■ヾ(・ω・*)なでなで

だいぶ弾かなくなってきました

上の白くなっているところはフロントガラスの右半分で

油膜落としの作業が終わっています

フロントガラス左上の油膜落としが終わりました

 

残りの下半分も施工していきます

 

濡れた綺麗なマイクロファイバークロスで

油膜落としを拭き取りしていきます

これフロントガラス濡れてるんですけど

分かりますか?ちょっと伝わりにくいかな

まったく水を弾かなくなり綺麗に油膜を落とせました

 

真夏の施工だとすぐに乾いてしまうので

ポリッシャーなどの工具で磨くより

手で丁寧になでなでしたほうが無駄なく綺麗に仕上がります

この後 全面綺麗に拭き取りして水で流し乾燥させた後

撥水コーティングを施工させていただきました

 

池田

一方通行の標識が増えてその後

令和2年 6月の6日の午前中に路面に標識が追加で書かれて

かなり見やすくなって一方通行なのが分かりやすくなりました

その後 約2ヶ月が経ちました

平日はほとんど逆走していく車は居なくなりましたが

2~3台ぐらい いまだに見かけます

週末は10台ぐらい通っているみたいです

 

路面に書いてあると分かりやすいですね

 

 

池田

リバティ エンスト修理

リバティをお乗りのお客さんから車の調子が悪いと相談があり

 

よくお話を聞くと

エンジンのかかりが悪い時がある

エンストしたりもするし

加速がスムーズにしないなど

 

感じたことをたくさんお話いただけたので

だいたいの検討がついてきました

 

警告灯は点いていないのですが

車のECUに故障データが残っていないか

診断機で車に聞いてみます

 

 

エンジンの下側にあるメインのシャフト

エンジンが何回転で回っている なんて言うところの

回転数を測っているセンサーがおかしいと出ています

 

やっぱりここか って感じです

 

ここの回転数をちゃんと把握できてないと

燃料の噴射のタイミング

プラグに火花を飛ばすタイミングなどが

おかしくなって

エンジンがかかりにくくなったりします

 

ちょっと作業しにくいところについているので

車をリフトであげて下側からのぞいてセンサーをさがします

 

ありました!!

ちょうどエンジンの真ん中 後ろ側についていました

 

下から見たところ

ちょっとアップで

もっとアップで

セルモーター(エンジンをかける時にまわるやつ)

の下に隠れるみたいにして付いて居ます

 

スマホを突っ込んで写真は撮れましたが

頭は入らないので手探りでセンサーを外します

 

外れました(*^^)v

 

上が故障しているクランクポジションセンサー

下が新品です

よく壊れる部品のせいか 対策部品になっているようです

左が新品 右が壊れているセンサー

 

配線がつくところの端子側に

エンジンオイルが漏れてきてしまっていました

 

 

車両側のカプラーや周りに付いた

漏れていたオイルを洗浄しつつ

新しいセンサーに交換したところです

 

エンジンをかけて故障コードが入ってこないことを確認して

作業終了です

 

他メーカーでもよく壊れるセンサーなので

よくある修理なのですが

ついている場所で作業時間がかなり変わってきます

 

今回は手探りでしたが他の部品を外したりしないで

交換できたので比較的 楽に作業できて助かりました

 

かかりが悪かったりエンストしたりの不安もなくなったはずなので

快適になったと思います

 

調子が悪い 変な音がするなどの時に

不具合個所をたくさん話してもらえると

故障個所を特定しやすいので

今回の修理はとてもありがたかったです

 

 

池田

2020年 夏季休暇のお知らせ

誠に勝手ながら、以下の期間を休業とさせていただきます。

有限会社三上モータース

J-BOY 有限会社三上モータースマイカーセンター

両社ともに

8月9(日)~16日(日)まで

ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご了承くださいますよう宜しくお願い申し上げます。

ワーゲン エアバック警告灯点灯

ワーゲンをお乗りのお客様から

『エアバックの警告灯が点いてるんですけど』と

ご依頼がありお預かりしてみていくことに

 

スピードメーターのところにエアバックのオレンジの警告灯が点いています

診断機を接続して車にどうしたの?っと聞いてみます

すると助手席のエアバックのスイッチがおかしいみたい

って教えてくれました

 

このスイッチは

助手席にベビーシートやチャイルドシートを付けて使用していて

エアバックが開いてしまうような事故などがあったときに

エアバックの衝撃による怪我の方が

赤ちゃんや小さいお子さんに

重大な怪我をさせてしまう可能性がある場合に

あらかじめ助手席のエアバックのみをOFFにできる機能なので

 

あまり頻繁に切り替えるような機能ではないと思うのですが

よく壊れる?みたいで

この警告灯が点いている時のエアバックは作動するかしないか

〇ィーラーさんでもわからないみたいです

 

 

助手席のグローブボックスを開けたところにスイッチがあります

左が新品で 右が壊れているスイッチです

見た目からも黒く汚れていて

劣化している感じがしますね

 

交換していきます

 

 

エアバックのエラーコードを消去して

再度点灯しないことを確認して作業終了です

 

 

池田

新しい高圧洗浄機がきました♪

前に使っていた高圧洗浄機が古くなってしまって

錆のせいで?圧も弱くなって

水漏れも発覚して新しくすることになりまして

この度届いて設置していただきました

 

さっそく全面防汚撥水コーティングを施し

上面には工具等おいても傷がつかないように

薄いゴムマットを加工してとりつけしました

バーナー(お湯を使う時に使う)をONにすると

熱風?が出てくる煙突のところを丸く切り抜きました

 

ガンの水圧がすごくて洗車や部品洗浄が捗ります

お客様の車の汚れも凄く綺麗に落とせたので

感動しました

 

 

池田

レジアスエース 排気漏れ

 

レジアスエースをお乗りのお客様より

『エンジンがボーボーすごい音がするんだけど』

ご依頼がありお預かりしてみてみることに

 

車を持ち上げて下から覗いてみてもそれらしい排気漏れしているところがなく…

その日は夕方だったのでそのまま作業を中断しました

 

次の日にエンジンをかけてみると ぼーぼーと凄い音がしています

音のしているところをたどっていくと

 

ここだ!!見つけました

ここのホースから 音がしていて指でふさぐと音が小さくなります

 

 

このかたつむりっぽいやつは

エンジンが冷えている時に空気を排気ガスに送り込んで燃焼をうながして…

 

簡単に言うと地球環境にいいエコな部品です

 

ですが ここから外気を吸っているはずなのに

排気ガスが逆流してきて出てきてしまって音がする

ということで逆流してしまっているところまでさらにたどっていきます

少し見えてきました

 

これが エアースイッチングバルブです

このバルブが切り替えできてなくて逆流してしまっているので

交換していきます

 

同時交換になっているパイプやボルトやガスケットも外します

左の奇麗なのが新品です 右が壊れている方

 

 

ちょっと形が違うかな??

 

なにやらこのバルブ4回ぐらい品番が変わっているらしく

壊れやすいんですかねぇ 対策部品として改良されているのでしょうか?

 

取り付けして排気が逆流していないことを確認して作業終了です

すごく静かになりました

 

 

池田